サービス案内

単色印刷の名刺からフルカラーのB1ポスターまで、
あらゆる印刷物を取り扱っています。各品目の形態と仕様をご紹介します。

本、冊子

本にはいろいろな綴じ方法があり、その種類によって印刷工程・製本工程も変わってきます。また、種類によって本の強度も違います。
ハードカバーの上製本や、文庫本・教科書によく使われている無線綴じ製本は製本方法でもっともポピュラーです。また、強度は落ちますが本の背中の部分を針金でとめている製本方法が中綴じ(針金)製本です。
その他に、メモ帳などの天糊(のり)製本や、平綴じ製本、マーブル・クロス巻き製本などがあります。

綴じ方の種類

上製本

本の中身を糸かがり、もしくは接着剤で固めて仕上げた後、別仕立ての厚めの表紙でくるんで仕上げます。
表紙を上質の布でくるみ、本の題名を金箔押しした重厚な雰囲気のものや、表紙に厚めの紙を使用し、その上にブックジャケットを被せるものもあります。表紙は中身よりひとまわり大きく、固い表紙で中身を保護するようになっています。
表紙と中身の間には「見返し」と呼ばれる紙を挟んでのりづけしてあり、表紙と本の中身をしっかりと固定しています。長期の保存に耐えられるのが大きな特長で、小説や事典、記念誌、写真集などによく用いられています。
背固めの方法によって「丸背」「角背」「フレシキブルバック」の3種類に分類され、さらに表紙の仕立てにより、溝付き・突付け・薄表紙があります。

無線綴じ製本

丁合の完了した折丁の背に糊を塗布して表紙を貼り付ける「くるみ製本」とも呼ばれる方式で、特にページ数の多い冊子には最適です。商品カタログ、会社案内パンフレット、情報誌、文庫本、カタログ、月刊誌など幅広い用途にご利用いただける製本方法です。
※無線綴じ製本には、文字通りの「無線綴じ」と本文の背部分に溝を入れ糊を浸透させる「アジロ綴じ」の2種類があります。

中綴じ(針金)製本

本を開いた状態の紙(通常1枚で4ページとなる)を重ね、中央部分を針金で留める製本の方法です。会社案内、商品カタログ、パンフレット、カレンダー、情報誌などの比較的ページ数の少ない印刷物に適しています。
※本の厚さ、用紙の厚さによって、外側と一番中のページでは大きさが多少違ってきます。

天糊(のり)製本

事務用製本専用の接着剤を使用し、一枚ずつはがして使う伝票帳票類やメモ帳など幅広い用途に適用可能な製本様式です。